読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青い川

「出来るところまで」

ベンヌという小惑星

こんばんは、なんかゆっくりとブログ活動が出来なくなっている?

青い川です(・ω・`)

とびとびになってしまったりするかもしれません。がリアル世界の事情でして、体調がどうこうとかではないので、心配しないで~?え?していない(゚A゚;)?

 

さて、ここんとこ調べていて、気になる情報がありましたので、載せちゃおうかな?いや、やめた方がいいかな?としばらく考えましたが載せちゃいます。

私が知らなかっただけという可能性もかなりありますが・・・知ってましたか?

ベンヌという小惑星をご存知ですか?先にリンクを貼りますね。

①まずはwiki

ベンヌ (小惑星) - Wikipedia

②次に人様のブログ・・・(2014年の記事)

時の旅路にて 地球近傍小惑星「ベンヌ」の上の“何か”・・・とか

③次は、雑誌ムーを思い起こすような(m(_ _)m)

【NASA発見・地球滅亡】2135年、遂に小惑星“ベンヌ”が地球に衝突する!? 「世界的大惨事になる」(教授)

経緯はこうです。

1999年 「1999 RQ36」と仮符号を付けられこの小惑星が発見される。

  ↓

2013年、世界の一般公募の中からベンヌと名前が決まります。

平均直径は560メートルで、速度(平均)時速10万1000キロ!で太陽を公転しています。なんか、すごく早くないか?と思いました。

ん?でもまてよ?

と冷静になって地球の公転速度を調べてみたら、およそ時速10万 km、秒速28 kmでした(^^;) なんだ変わりないんですね~しかし、早いなー・・・。

 

始め(1999年時点?)はどうも③の記事のように、2135年に地球と月の間を通るのではないか?もしかしたら地球にぶつかるのか?という発見だったようです。

不思議なことに1998年に映画「アルマゲドン」が放映されてるんですけれどね?

まずは軌道を載せますね?

f:id:aoikawano:20170317172702j:plain

こんな感じです?なんかすごく近い気がするけれど・・・

 

しかし、同じ③にも書いてありますが

ヤルコフスキー効果(天体の熱による軌道への影響)この力の影響で、実際にベンヌの軌道は1999年から160キロもシフトしていることが知られている

のだそうです。

①のwikiによると現在では

ベンヌは2169年から2199年までの間に8回地球に接近し、そのどれかで衝突する可能性があることがわかった。衝突の確率は8回の可能性の合計でも最大0.07%である

この確率は高いのか?低いにか?成分によっても変わるとのこと・・・

ということで、この小惑星の成分などを調べたい。ということになっているようなのです。wikiによるとNASAの2012年の計画で、サンプルリターンミッションが予定。

と・・・でも②と③では、2016年に発射、2018年に到着、2023年帰還予定となっていて「さて?本当に飛び立ったのかな?」という状態でこれを書いています。

 

まあ画像ですが・・・ここにリンクを貼っていないところで、実はこのことを知り調べた次第なのですが、なんかこのベンヌにヒハミットのようなものが写ってる・・・

まあ信じるか信じないかは・・・(^^;)?

カナダの人工衛星NEOSSatが捉えた画像に
てっぺんが平らな黒いピラミッドのようなものがあるというので・・・。
(で、なぜか出典はインド発) 

 らしいです。私のせいじゃありませんからね(゚A゚;)?

f:id:aoikawano:20170317172838j:plain

f:id:aoikawano:20170317172901j:plain

wikiに載っている図は・・・

f:id:aoikawano:20170317173140g:plain

でした。わかりませんね?

                      おしまいです。

忘れたくない想い

「読んでくださってる方みなさんに『感謝』の気持ちを持つこと」
『感謝』の気持ちを持って文章を書きたい!
でも背伸びをしないで、自分の「出来るところまで」

最後まで、読んでくださりありがとうございますm(_ _)m

何とも言えない表情をしていたので

おはようございます。青い川です。

またヘッダーを変えました。前の惑星の絵もいいのですが・・・

陽気がもう春だし・・・と思って、さっぱり系にしてみました。

なんか、バーコードのようにも見えますね?

(゚A゚;)いえ、ステキなフリーイラストありがとうございます。

 

今日はお絵かき。ドラマ視覚探偵日暮旅人、来週の最終回に向けて・・

f:id:aoikawano:20170313031840j:plain

 

う~ん。服が意味不明・・・こんな風にはならないなあ。

言葉で表現出来ない表情をしていたので、思わずかいてしまいました。

 

有料ソフト『SAI』、お試し期間がもうすぐ終わります。買うかな?

ちょっと慣れた気もするし。σ(ーー*) ン-5400円か・・・

 

しかし松坂桃李さんが「うむ、カッコ良し!」と今回初めて思いました。

 

なんてね。まずい。遅くなってしまったので、午前中寝ているかも?

みなさんの訪問遅くなるかも?しれませんm(_ _)mすみませんグー

                 おしまいです。

忘れたくない想い

「読んでくださってる方みなさんに『感謝』の気持ちを持つこと」
『感謝』の気持ちを持って文章を書きたい!
でも背伸びをしないで、自分の「出来るところまで」

スイングバイは公転がポイントだった!

こんにちは、視覚探偵、日暮旅人(ひぐらしたびと)です。5話目から見始めました。来週早くも最終回です(T_T)・・・( ゚д゚)ハッ!

今日のテーマは前回も活用させていただきました↓こちら

www.kepco.co.jp

関西電力さんのページがおもしろいというコメントがあったので、気になり眺めてみました。19個もどうして?どうして?と聞いています。謎がいっぱい!

私も答えられないものばかりです。というより、もっと詳しく知りたいです。

というわけで、これの3番目に興味が向きました。

『物に重さがあるのはどうして?』絵を勝手に引用します。

f:id:aoikawano:20170308133804g:plain

どうみても、重力が関係していますね?(しかも海にりんごの木が生えています。ビルからの落下物は危険です。植木などを落とさないで下さい。ナイル川はもう少し上です)

お月さまは6分の1の重力です。体重を測るなら月に限りますね?

重力を操れるようになると、重いものでも軽々持てますね?これの答えって『重力』でいいのかな(・∀・)?

 

ということで、スイングバイについて、わかったことを書きたいと思います。

はい、ここからは「スイングバイについて」です。

元々の私の知識としては

「星の重力を利用してエネルギーがあまりないロケットでも、ビューンと加速出来て行きたいところに早く着く。とても便利な仕組み?」的な感じを想像していました。

 

 

そこで、wikiを見てみました。どうも重力がほぼない星でも、太陽の周りを公転していれば、このスイングバイは可能なのだそうです。

それと、スイングバイには加速スイングバイと減速スイングバイがあります。

 

<加速スイングバイ↓画像が動きます。すぐ終わります。

ファイル:Swingby acc anim.gif - Wikipedia

ロケットが惑星の後ろを通る→するとロケットの速度プラス惑星の公転の速度→早くなる!角度は「く」の字のように曲がります。

 

<減速スイングバイ

ファイル:Swingby dec anim.gif - Wikipedia

ロケットが惑星の前を通る→ロケットの速度マイナス惑星の公転の速度→遅くなる!やはり「く」の字のように曲がります。

ちょっと図を追加します。

f:id:aoikawano:20170309013953p:plain

スイングバイはこの日、この時、この場所を・・という感じで、例えばですがこの図のように黄色い門のような場所を次々、正確に通過するようです。

そして、加速します。結構狭き門を上手に通過するみたいです!偉いです。

id:mama-eiseishi)、(id:cranberryca) さん、良かったら見て下さい。

 

ということです。減速することは知りませんでした。

 

この後、とっても難しい、数学なのかな?物理かな?が出てきましたのでwikiはそっと閉じました。

 

古くはボイジャー木星を使ってスイングバイをしたそうです。

最近の日本では、はやぶさ2号が地球を使ってスイングバイをしました(2015/12/3)。JAXAさんからちょっと引用します。

はやぶさ2の地球スイングバイの場合、軌道は約80度曲がり、速度は30.3km/sから31.9km/sへと、1.6km/s加速する。これだけの加速をイオンエンジンでやろうとすれば、全力でも1年かかってしまう。それほどの加速をこの一瞬でやってしまうわけだ。

だそうです。ただいまはやぶさ2号は、未開の小惑星リュウグウ」に向かっていて2018年到着予定、地球への帰還は2020年の予定だそうです。

無事に帰ってきてくださいね?青い川でした(`・ω・´)ゞ

                     おしまいです。

忘れたくない想い

「読んでくださってる方みなさんに『感謝』の気持ちを持つこと」
『感謝』の気持ちを持って文章を書きたい!
でも背伸びをしないで、自分の「出来るところまで」

有機物のスープ?からの生命のはじまり?

こんにちは用心棒バルサです(`・ω・´)ゞなわけはなく・・・か弱い小娘・・・

でもないただの青い川です( ・ิω・ิ) あー引き返さないで!!もうちょっとゆっくりしていってください!

 

えーと、今日は前回のブログのみなさんのコメントを引用したいと思います。IDコール等はとりあえずしませんので、そこんとこ、よろしくお願いします。(←えーちゃんの丁寧版)

 

まずは時代の古い順からいきますね?

①地球に雲できて雨が降って海になって、生命が誕生、ここです。

f:id:aoikawano:20170303145237p:plain

「有機物のスープ」?それは・・何( ゚д゚)?

いろいろ調べました。確かに参考する頁によっては、その「有機物のスープ」なるものに何万回も雷が落ちたりして偶然的に生物が誕生と書いてありました。

でもこちらによりますと・・・

どうして地球には生命が生まれたの?[関西電力] 

地球が生まれる→内部から水蒸気が出る→冷える→雲ができる→地表、冷える→雨が降る→海出来る。

この時、海水は強い酸性でしたが、岩に含まれるカルシウムなどを溶かすことで中和されていきました。このため、海水には、80種類もの元素が溶けています。

(これが有機物のスープかな?そして・・・)

海中の元素は、次第に結びつき、アミノ酸や糖となり、やがてタンパク質や核酸ができたと考えられています。

とありますよ?ここでストップ!関西電力さんありがとうございました。

canjosan.com

これに登場する最初の生命は、有機物とアミノ酸の化学反応によって出来たとあるのですよね?硫化水素を栄養にしていたと。↓こんな図が載ってます。

f:id:aoikawano:20170303153630j:plain

まあ、めんこいですね~(^^) 調べていると、最初に作られた生物は「メタン菌」だといってる頁も見つかりましたが、可愛くなさそう・・・

んーと、でもよく考えてみると「そもそもアミノ酸がどうやって出来たのか?」という疑問がわいてきますね~。でも材料はそろっていたそうです。

アミノ酸とはウニャウニャ・・・の有機化合物の総称である。

このアミノ酸からたんぱく質が出来て、最初の生き物を!!えいや~!と火山の熱や雷の電気で作られるヽ(`Д´)ノ

このようなことは、たびたびおこることではなく、ぐうぜんが何度も何度もかさなりあったすえに、奇跡のように最初の生き物は誕生した、と考えられているのです。

これはこちらに載ってました。

最初の生き物はどうやってうまれたの,何だったの|科学なぜなぜ110番|学研サイエンスキッズ

子供に教えるなんて大変です・・大人もわかんないのに・・・

あ、しまった。長くなってしまいました。①はこれにて終了です。

果たして(・∀・;)問題解決になったのでしょうか?

 

 

オゾン層今どうなってるの?壊れてるのではないの?というコメントがいくつかありました。本当は画像で載せるつもりでしたが、省略します。すみません。

そのコメントの中に、(rikubo3270)りくぼーさんのコメントがありました。

オゾンホールは2050年には塞がるという説もあるようですね。
実を言うと、2000年以降からは地球全体の気温は横ばいのままであり、これからは太陽の活動力低下により寒くなる、というのは結構有力な説のようですよ。 

などなどをもっと詳しく今回書くつもりでしたが、次回に書きたいと思います。

                      おしまいです。

追記:4日はお出かけします。

忘れたくない想い

「読んでくださってる方みなさんに『感謝』の気持ちを持つこと」
『感謝』の気持ちを持って文章を書きたい!
でも背伸びをしないで、自分の「出来るところまで」

長々お付き合いくださりありがとうございましたm(_ _)m

光合成で酸素が出来て、オゾン層も出来たらしいこと

 こんばんは、青い川です。先日↓の記事を書きました。

aoikawa.hatenablog.com

へー( ゚д゚)宇宙の話ですね?たぶん私のブログの「宇宙」の割合って多い?

なーんて・・聞くまでもありませんね?多いです。

サイドバーにカテゴリを追加しないのは、カテゴリ分けを忘れている記事が結構あるからです。たぶん・・・

でもそもそもだいぶ偏っていると思うので、意味ないかな?とも思います。

さて、今回は上の記事の中の特に私が気になっている部分を書きたいと思います。

「気にするなよ」・・・「だって~」←小芝居。

 

ちょっとオサライをします。

45億年前ー地球の誕生(月も)

40億年前ー海が出来る

39億年前ー生物の誕生、ここです。気になること(その1)

35億年前ー光合成生物=酸素が出来る。すごく気になること(その2)
 

 ・んーこの間が結構長いですね?でも何も書いてないのです(・∀・;)

20億年前ー真核生物(核、ミトコンドリア、諸々)ここで光合成するものは植物
     しないものは、動物へと進化。

20億年前~15億年前ーオゾン層の生成。激しく気になること(その3)

 

なんか、息切れをしてしまいましたので、この辺りで表はやめておきます。

私は、これを見てすごく驚きました。

海が出来て(生物も出来)それから約20億年後にオゾン層が出来たのか!?と。

このオゾン層が出来て有害な紫外線が遮られるようになって、やっと、生物は地上に出始めたそうなのですよ。ここから恐竜への道が開ける。

あ、間違えました。人間への道が開けるのです。

 

オゾン層は・・・気になること2の時、ラン藻類(まだ核もミトコンドリアもないもの)とやらが、光合成を始めます。そして酸素を生成!この時には雲が切れて太陽の光が刺すようになっていたんですね?

その酸素が海中で飽和状態になり、大気中に放出されはじめます。

大気中に放出された酸素は紫外線の作用でオゾン層となり(はぁ?と、意味わからない私を置き去りに)

オゾン層、地球を覆います。

有害な紫外線を遮ることで生物は地上に進出することが可能になりました。

気象庁の「オゾン層とは」をペタ!

大気中のオゾンは成層圏(約10~50km上空)に約90%存在しており、このオゾンの多い層を一般的にオゾン層といいます。 成層圏オゾンは、太陽からの有害な紫外線を吸収し、地上の生態系を保護しています。 また成層圏オゾンは、紫外線を吸収するため成層圏の大気を暖める効果があり、地球の気候の形成に大きく関わっています。

ほぼ、気になることその3について書いてきました。

気になること1は、単細胞生物硫化水素を栄養にしていたそうです)

 

昨日、出かけた時に撮った写真を貼って終わりにします。上を見上げて。

f:id:aoikawano:20170227182551j:plain

                      おしまいです。

忘れたくない想い

「読んでくださってる方みなさんに『感謝』の気持ちを持つこと」
『感謝』の気持ちを持って文章を書きたい!
でも背伸びをしないで、自分の「出来るところまで」

食い物の恨みは?

こんにちは、青い川です。

ヘッダーを宇宙仕様にしたところで、今日は宇宙はいいかな?と思いました。

ちょっと食べ物のお話をします。

私が小さい頃の話。弟もまだ小さくきっと、母は忙しかったのでしょう。

母が作るサラダは、レタスをちぎったもの。とかきゅうりは斜めに太く切ったもの。とかでした。

 

ある日、近所のおねえさん(?)がザ・サラダを作っておすそ分けしてくれました。

もう夢のようなサラダでした。

覚えているのは細く切ってあるキャベツの上に、顔面パック出来るようなきゅうりの輪、トマト、ゆで玉子の輪切り・・・まあ普通ですね?でも

 

私「(。◕ ∀ ◕。)わ~すごい!キレイなサラダだね~」とうっとりしていました。

どんなに美味しいんだろう?とワクワクしていました。

 

その時、弟(たぶん3歳くらい)もなんだか興奮します。変なスイッチが入った弟は、その器をテーブルに運ぼうとサッと両手に持って走り始めました。

一部始終をボーっとしながら見つめる私。

弟は転びます。サラダは畳の上にひっくり返りました。

f:id:aoikawano:20170224170812p:plain 

もう・・・ぐちゃぐちゃです。「うわ~ん」と泣く私。

「何、かちゃかちゃってー!」と怒鳴る母&泣く弟。幸福の食卓がカオスに。

なんてことをまだ覚えているあたり、やはり食べ物の恨みは怖いのかも?

しれませんね(^^;)?

 

現在、食品のスーパーに行くと最初に目に飛び込むのが「いちご」です。

毎回「うわ~美味しそう(。◕ ∀ ◕。)」と私は必ず足止めされてしまいます。

その少し離れたところで、りんごを3個ほど吟味しながらカゴに入れている主人。

みかんとかも買います。

「( ゚д゚)ハッ!・・うん、そうだよね?いちごは高いよね?」と通常運転になるのです。

が、3歩歩くとすぐ忘れる私は、この一連の行動を毎回やるわけです。

ある意味スーパー側の作戦は、効果ありですね?

 

今日休みの主人が、さっきいちご を買ってきてくれました!

「毎回、いちご食べたいって言ってるからな。」と。

私は「わ~」と喜びつつ、うわ~そんなに言ってたか・・・(・∀・;)?

言ってたな、うん。と思ったのでした。うまかったです。

それと、私の好物のホタテのボイルも買ってくれた。

そっか、元気出さないとなあと思うのでした。さり気なく慰めてくれた主人に

感謝です。(ちょっとショックな出来事があったのでした)

読んでくださった方にも感謝です!ありがとうございます。

 

今の自分は、想像していた大人とはほど遠いものでした。

でもこれからでも、理想の自分に少しでも近づきたいなあと思います。

ブログを始めて、宇宙のこととかを書いていたら、人間の努力ってすごいな?

とよく思うようになりました。

昨日も39光年先に7つの惑星を持つ星を見つけたとのことでしたね~。

生命体がいるかも?とワクワクしますが・・・

そもそも1光年=約9.5兆Km ←全然わからないですね?

まあ、これ以上は今日はやめておきますね?

                   おしまいです。

忘れたくない想い

「読んでくださってる方みなさんに『感謝』の気持ちを持つこと」
『感謝』の気持ちを持って文章を書きたい!
でも背伸びをしないで、自分の「出来るところまで」

広告を非表示にする

惑星は何個?9個→8個!

こんばんは、青い川です(`・ω・´)ゞ 

水、金、地、火、小惑星、木、土、天、海、冥、ヘリオポーズ、オールトの雲

これらが太陽系です。

ヘリオポーズまでは太陽圏=太陽風が届くところ

オールトの雲(色んな説があってよくわかっていない)=太陽の重力が影響を与えるところまで。

--------ここまでが、2/8の下書きです。どんだけ、宇宙のこと考えてるんだ?私。

 

ところがこの時、私はまだ知らなかった。

本屋さんにて3日くらい前かな?

何ですとー?冥王星は惑星じゃなくなったー?

準惑星になっただと?2006年に?・・・し、知らなかった・・・ぞ( ゚д゚;)?

・・・(O_O;)」←心の声と顔。

帰ってきて調べたら、まず準惑星たちがこちらです。

国際天文学連合 (IAU) はこれまでに5個の天体(ケレス、冥王星、エリス、ハウメアマケマケ)を準惑星に分類しており、他に数十個が将来分類される可能性を持っている。

どうも、初めはケレス、エリスなどを「惑星の仲間」にしようとしたらしいのですが、誰?偉い人達の?ちょっと待ったの声が多く、「準惑星」という位置付けで、冥王星も降格??したそうです。

ま、まあ「とっくに知ってる!」って方が多いのでしょうけれど、普段から「宇宙」「宇宙」と騒いでいたくせに知らなかった私の感想としましては。

な、な~んか変じゃない?
「すいきんちかもく、どってんかい・・」マジ?どってんかいって(゚A゚;)ハハ

 

こんな激しく偽物に近い宇宙科学者(立派に偽者です)の面子はともかく!

なぜ冥王星が「準惑星」になったか?という問題、もう面倒なので、ざっくりいきますね?

『惑星の定義』みたいのがあって、その中の1つに星として1個体でないといけないよ~みたいのがあるそうです。

ところがこの冥王星にはそれはもうでっかい衛星があります。まるで、双子のようだね。ウフフ・アハハみたいな。そのため、惑星ダメ!となったそうです。

その図はこちらNASA様から。(もちろん、消せというならすぐ消します)

f:id:aoikawano:20170221205041p:plain

File:Pluto Charon Moon Earth Comparison.png - Wikimedia Commons NASAのリンクです。

1930年に冥王星と名付けられるまで、「惑星X」として研究者たちが探しまくった大きな軌道をもつ冥王星、さよにょろ( ゚д゚)ノシ

いえ、別にお別れではありませんけれど。第一、準惑星はどうも大量にこれから出てくる模様です。今赤ちゃんの君!勉強大変だぞー。

 

こういうのを蛇足というのかな・・・でも、せっかく見つけたので。

ISS(宇宙ステーション)のそばには、変なもの映りまくっている様子です。

NASAが途中、「これはマズイ」というところは、青く塗りつぶしたみたいなのでYouTubeだけでも見てみてくださいね。

www.youtube.com

                      おしまいです。

忘れたくない想い

「読んでくださってる方みなさんに『感謝』の気持ちを持つこと」
『感謝』の気持ちを持って文章を書きたい!
でも背伸びをしないで、自分の「出来るところまで」