読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青い川

「出来るところまで」

台風がくると思い出す

『神風』
鎌倉時代、元の国が日本を襲うが、2回とも台風によって日本を落とせなかった。って話が子供心に結構ウケた記憶がある。

もちろん、台風は恐ろしいもので、私の地元も昔はかなりの被害を受けたりして、たくさんの方が亡くなっているから笑い話ではないのだけれど。
高く作られた、堤防には女神の像があって、それはその台風で亡くなった方々を弔う象徴だったそうだ。しかし私は何も知らずにその周りで遊んでいた。

 

神風の話に戻ると、日本の台風はほぼ7月中旬~9月上旬にかけてが多い。
でも、この2回は違った。数年か十数年かに1度くらい来るという、今でいう6月の時期に来た早い台風だったそうだ。
テレビで気象予報士さんが言っていた話で、自分で調べていないので、本当か?
絶対間違いないな?と問いつめないでいただきたい。
とにかく「ラッキー♪」ってタイミングで台風が来てくれた。

そうやって守られていた日本、第二次世界大戦では大変な目にあったけれど、この領土がお隣さんに取られるようなことにだけはなってほしくない。

沖縄への中国人の移民が増えていると聞いたが、大丈夫だろうか?
内側から崩れていかないだろうか?

中国の西側にはウイグル自治区があるけれど、「1964年から46回の中国による核実験が行われており、放射能汚染による地域住民の健康状態や、農作物への被害が指摘されている。」(すみませんwikiさんよりコピペ)

「絶対反対!」何をどう反対すればいいのか、うまく説明できたら、また書きます。