読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青い川

「出来るところまで」

酸素が脳には必要な話とBリーグはじまりまじまり~

こんばんは、青い川です。ニュースを見ていたら、下記の記事を発見しました。

www.huffingtonpost.jp

普通に点が12個あるじゃない・・・と数えて思い・・・??あ!
「一度に見た時か!」とやっと理解して、改めてパッと一瞬で見てみると確かに2個か3個しか点が見えなくてびっくりしました。不思議です。
脳にも解像度なるものがあるそうで、人間の脳の解像度なるものはとても低いらしいです。脳だってかったるいんですよ、きっと!!
あれやれ、これやれ、言われてね?脳のぷち反乱です。
あ、googleニュースなので、見た方もいるかもしれませんが、脳サンキュー♪とか言ってごまかしてください。

さて、23年くらい前にJリーグが開始したように(生まれていなかっただとー?養子縁組しない(・∀・)?)、 今日新しくバスケットリーグ、Bリーグが始まりました。
実は甥っ子がバスケットをやってまして、試合を観戦したのです。
ところが普段サッカーしか観戦していない私には、屋内のしかも激しいスポーツです。子供たちもたくさんいましたが、その親御さんも来ています。
しかもしかも1階建ての狭い体育館でした。うう・・・う~呼吸が苦しい!(気がするだけ)絶対的酸素がどんどんなくなっていく様が目に見えるようです!
しまった!どっかの病院で酸素ボンベを拝借して来るんだった(´Д`lll)ちなみに、呼吸器疾患は何もありません。(でもうまく探せばその辺にありそうだし)
甥っ子は背が高いから、ゴール下にいて、点を決めることが多かったので嬉しかったんです。でも差し迫った問題として、私の酸素がない!試合が過熱するほどに酸素が減り二酸化炭素だらけになっていってしまうではありませんか?
「私に酸素をください!」←セカ中のように叫んでいました。心の中で。
(あ、誰かこのフレーズ使ってたような?毎度パクリ疑惑)
終わって帰る頃には、頭がガンガンしていたので、きっと脳に酸素がいってなかったに違いありません。

まあ、そんな個人的なことはこの際どうでもよくて、スポーツを広くそして強くするためには、リーグが始まるということは、とても素晴らしいことです。
ん~残念!宣伝大使にはなれませんね?読み返してみると・・・
日本からも、マイケル・ジョーダンのような?←あと知らないので。うちの甥っ子ってのもありです。すごい選手が生まれてくれたらと、願ってやみません!

あ、このブログは予約投稿しようと思っていますので、昨日の話になっていますけどね?試合は今激しく背中で繰り広げられています。

                          おしまい

追記:私はサッカーの特にレッズレディースのサポです。でも代表も応援します。だけどだけど、なぜか?代表だけ!盛り上がるという人たちがいるんです。どこからか湧いて出てきます。
ある若い女の子が「サッカーって野球と違って簡単だよね~?日本代表しかないんだもん♪」と言っていたそうで・・・
本当はJ3JFLまであるとか、地域リーグもあるとか、わ、わ、わからない人たちが渋谷あたりで・・・もうダメ、許してください_ノ乙(、ン、)