青い川

「出来るところまで」

疲れるほどやる気のある学校

こんにちは、今はこの辺り(関東)では体育祭の時期ですね?というか終わったところが多いのかな?
私の出身地付近では運動会はなぜか春にやってました。秋は文化祭です。

中学の時のこと

ここの中学がとにかくやる気まんまんの学校でした。それはもう疲れるほどです。全部が全部、全力でやらないといけない空気がありました。

運動会のスローガン

中1の寝ぼけた頭に突然「運動会のスローガン募集中」と紙を渡されました。スローガン?何それ?とまず周りに聞いて「そうなのか~」と考えてみました。

f:id:aoikawano:20161017222142j:plain

毎度、イラストACさんから頂きました。

「運動会、頑張ろう!」とか「ファイト◯組」とかしか思いつきません。
たぶん「精一杯頑張ろう」的に書いてペロっと提出して忘れていました。
そうしたら1ヶ月後くらいに、突然の発表です。
スローガンはみなさんの希望の中から決めました。「へぇ~」「え( ゚д゚)?」

「目指せ闘魂 怒涛の如く 示せ ほにゃららら」←最後忘れましたm(_ _)m

なんじゃこりゃ~?漢字なのか?読めないんだけど?とパニック。
それは激しい運動会だったと記憶しています。何しろA~F組まで2階だての鉄パイプのやぐらも出来ていたし。同じクラスの1年~3年で一つのグループ。対抗戦です。
何を対抗したのかな?そうだ、特に応援だ_ノ乙(、ン、)きらい・・・

友達が変なことばかりしていた

これはうちわの話しですが、中2になった頃です。とにかくアホな集団がいました。
私の仲間でした。
セーラー服だったのですが、2限を終えると運動着に着替えるという暗黙の了解がありました。線も何も入っていない、地味な緑色のジャージです。
A子とB子2名に「上半身はセーラー服、下半身はジャージ」というマイブームが到来してしまいました。何度も止めました。「みっともない!」と。
と気がつくと右手はA子に左手はB子につかまれています。4、5人くらいの輪が出来てクルクル回りだすのです。そして音楽の授業で習った曲を歌い出す。そうだ、スキップするのですよ!疲れます。

「チ~ロ~ルの若者は♪ララ若者はララ♪歌が好き~チ~ロ~」エンドレスでしかもただ回るだけでなく移動していき、うぶな男の子をその輪っかの中に入れてしまいます!そして回る回る。たぶんトラウマになったかもしれません。
私もその犯罪に加わってしまったのですよ?最悪です。で、出来るだけその「歌い回り移動して男の子を中に入れる遊び」には、近づかないようにしていました。
でも仲間です。時に白目になりながら、私も回るのでした。
なんでそんなにいつもハイなの?

全校生徒、体育館によく集る

やる気まんまんの中学校は、生徒会の役員決めるのも大ごとでした。国会の選挙なんてまだまだ甘いです。
我が校の立候補者はもちろん、公約を立て当選した暁には、ちゃんと公約を守ります。(冊子が配られたのに、読まなかったのは今思うと残念でした)廊下ですれ違うと「あ、立候補者だ!」とわかります。だって、学ランの上に紙で出来たたすきをかけてるんですから。名前が太い文字で書かれています。ポスターも貼ってあります。
「学生による学生のための学生・・・うんたら」この洗礼も中学で授業より先に受けました。
この生徒会を決めるための最後の演説もありました。中にはどなりだす先輩もいます。なんでー?
これ以外に生徒総会←荒れます。全校生徒が自分の椅子持って大移動です。はじめは「なんで椅子?」と思った私は甘かった。午後から始まり、何時間も延々と続き、残業1時間半です(O_O)みんな、何を話しているの?日本語なの?
でも、時々先生も張り切ります。この学校に入ったからにはドイツ語で「第九」が歌えないと、生徒じゃないのでした。音楽の普段優しい先生(伊東四朗さんに似てました)が大きく通る声で「フロイデ!」全校生徒「フロイデ!」先生「ツェーネル!」全校生徒「ツェーネル!」「ゲッテル」「フンケン」「イッヒデル、アウト」「エリーゼウンムッ!」先生と全校生徒のやり取りが続く・・・その後歌い出す。
おかげで、年末は教育テレビで第九を聞いて締めくくる・・・
わけがあるかー(#`Д´) ま、好きですけどね?ベートーヴェン第九。
まだ続いているのかな?来年甥っ子が入るが・・・?

                      おしまいです。

私のアホさ加減が書かれています。テレビと現実の違いがわからないお話です。

aoikawa.hatenablog.com

マイお題「アホな話」10月いっぱいですよ~

忘れたくない想い

「読んでくださってる方みなさんに『感謝』の気持ちを持つこと」
『感謝』の気持ちを持って文章を書きたい!
でも背伸びをしないで、自分の「出来るところまで」
今日もありがとうございました。