青い川

「出来るところまで」

心が動きます

こんにちは。

はじめに

前回のブログの一部分、大変ご心配をおかけしました。
どうもすみませんでしたm(_ _)m 自分の不注意により、招いた出来事ですが、主人が言うには他の人にはあまりないことでは?とのことで「えっ(゚A゚;)?」と今更ながら驚いている始末です(以前にも落としたもので)。今後は気をつけて料理をします。
傷は気がついたらボリボリ掻いていたので、軟膏を塗りました。

心に、こう・・・グッと!

ところで、みなさんのブログやコメントを見ていると、色々な視点でそれはたくさんの考えが書かれていて・・・みなさん、今より少しでも先を良くしたい!とか
こんな良い物があるよとか、こんな思いを抱いたよ?とか
中には今は全然考えがまとまらない状態にあったりだとか、色々伝わってきます。
もちろん、みなさんのほんの一部しか私には見えてないのだとわかっています。
なんというか、その・・・あれですね・・・んんと~ピン!
あ、ダメです_ノ乙(、ン、)

なんかいい事言おうとしたのに、毎度おなじみネジが飛びました。の図でした。
でもとても楽しく読ませてもらっています。ありがとうございます。

ロングロングアゴー

突然ですが、一部の方を除き、みなさんにはないと思われますので、機会があったらご両親の肩辺りを見せてもらってください。
右左はわかりませんが、きっと種痘ワクチンの痕が白く2、3個あると思います。
私の右肩にも2個あります。でも旦那にはありません・・・

ちょっと調べてみました。ありました。コピペします。

「日本国内で種痘が中止されたのが1976年、WHOの天然痘根絶宣言が1979年
予防接種法の中で定期接種が正式に廃止されたのが1980年だそうです。」

だそうですが、実際にはもっと早くやめていたみたいですね?ウィキペディアには
1972年ごろ全国で中止ともあります。地域差はあるかもしれませんね?
実際、関東出身の同じ歳の子は受けてませんでした。
ただ、私の出身地は情報が届くのが遅く、飛脚も来ない有り様。というわけで、私には種痘の痕があるのです。年寄りってわけではありませんよ?
まさかですが、自慢しているわけでもないです。
ただ、まあまあ年上の旦那にないのはすごくおかしいのです!
種明かしをしますと、そもそも旦那の家族は病院に行かなかった。
予防接種というものを何もうけなかったのでした。自然児です。
そのため、逆にBCGの痕はくっきりと残ってますね~
きっと中学に入って、ツベルクリン反応検査をして陰性だった。そしてBCGを!という流れになったんでしょう。

というように、上腕の辺りや胸の辺りというのはケロイドになりやすいんですね?痕が残りやすい・・・
ニキビが出来ている方、胸の辺りは特につぶしたりしないでくださいね?
ケロイドなどは黒人ほど多く見られ、白人は少ないそうで。
そのかわり、シミそばかすなどは白人に多く、黒人に少ないらしいです。

?私たちはアジア人でしたね?
あれ~?なんか、何を言いたいのかわからなくなってきました。

                      ということでおしまいです。
追伸:種痘ワクチンの効果はもう消えています。

忘れたくない想い

「読んでくださってる方みなさんに『感謝』の気持ちを持つこと」
『感謝』の気持ちを持って文章を書きたい!
でも背伸びをしないで、自分の「出来るところまで」
今日もありがとうございました。