青い川

「出来るところまで」

ブログペースダウンでバージョンアップしようかなと

こんにちは。前にやる気まんまんの中学校の話をしました。

 

aoikawa.hatenablog.com

これを書いた影響か、いくつか芋づる式に思い出したことがあるので書きます。

放送部がまるでラジオ

お昼ごはんの12時頃から、放送部の活動が始まります。
その日の出来事や軽い挨拶から「それでは、今日の一曲目はリクエストくださった◯◯さんのほにゃららな思い出のある曲からお送りします。どうぞお聞きください」的にいろんな曲がかかるのです。
あと悩み相談とか?色々盛りだくさんでたっぷり1時間弱ありました。
このアナウンサー(女性でした)はいつご飯を食べるのだろう・・・?曲の最中かな?とか私は余計な心配をしてました。だって毎日ですから。
この放送部はものすごく人気があって、木造2階だての中2階のような不思議な場所にありました。ガラス張りの部分もあったんですよね?
アナウンサーの女性は美女&美声。きっとお弁当を早食いして、ガラス越しに見にいっている男子もいたことでしょう。
とにかくクオリティが高かったです。

この中学校の半分が火事にあう

また火事?と思うかもしれませんが、中学2年の頃でした。とある土曜日(あ、半日は授業ありましたから(・∀・;))の掃除も全部終わって、誰かと一緒に帰る予定だったのだと思います。
私は教室で1人待っていました。みんなもう帰っていました。
この時、なんとなくなのですが、というより何故?私は全員の机と椅子をきちんと直して見た目をキレイにしたのです。
斜めになってるのを縦横、真っ直ぐに!とか、椅子を机の下に入れたりとか・・・
一つ一つ丁寧に。何故か愛しい感じになりながら(((( ;゚д゚)))
そして、教壇が少し段差があったのでそこに座り、置きっぱなしにしているピアニカを「プーポー♪」と吹きました。そして帰ったのでした。それが最後になりました。

翌日の日曜日の午後4時くらいに火事が発生しました。山の中腹にある学校だったので、離れた自分の家からも火が出ているのが見えました。その時の感想がこちら
「えー?せっかく机とかそろえたのに!」「それにピアニカは?みんなのピアニカは?」とかもう心配するところを完全に間違ってました。
今思えば、ちょっとパニクっていたのかもしれないですね。

白い砂糖に硫酸をかけると

実験で先生がやってました。ビーカーに入れた白い砂糖が真っ黒になってニョロニョロとビーカーから這い出てきます。
それを見た青い川少女はツボにハマります。みんなの影に隠れて笑いまくりました。
(この実験にあたり、全員起立して前の方に集まっていたのです)

検索してみたら、砂糖に硫酸をかけている映像がありました。
やっぱり、大変なことになっています。しかもすごく煙が出ています。こんなに煙出たかなあ?その辺は覚えていません。
まあ炭になるということですね?あと水だそうです。

「次のような化学反応式が言えますね。C12H22O11→12C+11H2O」←こんな説明は聞いた覚えはありません。というよりもはじめから先生の話を聞いていなかった。そして突然、砂糖が真っ黒になってニョロニョロしだしたものですから、びっくりのあまり笑いだした。という感じだと思います。

突然ですが・・・

ブログをちょっと、ペースダウンしたいと思います(*´・∀・)

f:id:aoikawano:20161022000510p:plain
親戚の会社の、こんな感じのホームページを作成しまして(これはトップページです)、と言ってもロゴは初めから決まっていました。
「色は?」と聞いたら「黄緑色」と言われて、黄緑色って大変~と思いつつ、私の出来る範囲で(htmlとcssとちょっとjQueryをテキストで一から作りました。それとデザインも考え、希望きいて直しを繰り返し)作りました。
一旦終了なのですが、やはり、WordPressに移行したいのですよね?今、やっとcssが効くようになりましたが。先は長いようです。今年中になんとかものにしたいものです。

不器用な人間なので、ブログと両方ともというのは無理に思えてきました。
それで、本腰入れて勉強したいと思います。ただ絶対、現実逃避したくなって完全にここをやめるとかは出来ないと思うんです。
みなさんの楽しさを知ることが出来たし~
でも、ちょっと我慢して、今後はゆっくり更新、みなさんのブログもゆっくり拝見していきたいと思います。

見捨てないでね~。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。

まずは、自分を磨きます。バージョンアップですね?そして、なくした自信を少しでも取り戻したいと思います。ん~出来れば稼ぎたい。
外に出て仕事をというのは無理そうなので(*´・∀・)ね。
今後もよろしくお願いしますm(_ _)m
長くなってしまいました。今日もありがとうございました。

                       おしまいです。

忘れたくない想い

「読んでくださってる方みなさんに『感謝』の気持ちを持つこと」
『感謝』の気持ちを持って文章を書きたい!
でも背伸びをしないで、自分の「出来るところまで」