青い川

「出来るところまで」

タイトルが思いつかない

まあ職から離れているから、言えることなのかもしれませんが、お歳を取られた方々の特に自分がわからない、自分から動いたり出来ない方のお世話はすごく大変です。
でも時にすごく愛しいものなんですよね?
(何をのんきな!とか思われたらすみません)

母性のような胸がうずくような感覚を、お世話していたとある方(高齢で痴呆のある女性でした)にいつも感じていた時がありました。
ご飯を食べさせ、お口を拭いて、ついでに時々、肩の辺りをぎゅーっと抱いたりしていました(゚A゚;)訴えられる?もう時効か。

もっと、自分に体力、知力、透視力、瞬間移動力、波動力、空を自由に飛べる飛行力などがついていたならば・・・?

続けていきたい仕事ではありました。

ロングロングアゴー、学生の頃、内科病棟が2つあって、血漿交換などを行う肝臓系の病棟と透析を主に行う腎臓系の病棟がありました。
腎臓系の病棟の実習が終わった時に、倍賞千恵子さんに似ているような可愛い系婦長が私たち実習生に言いました。
「子供には、誰もが目がいくものです。あなた達はお年寄りに目を向けてあげて」
結構、これを言われたのは二十歳前だったので、心に残りました。
でもなにせ、ロングロングアゴーなもので、今は昔な意見なのかもしれません。

実際に現在、周りの子供たちに目を向けて見ると、うまく世の中渡っていくのがとても大変そうな子らがいます。
どうしたらいいんだろう?
その前に私に何か出来ることはあるのかな?とか考えます。

まあその前に「まず、おまえが頑張れよ!」と言われてしまいかねませんがね?

『ガラガラガラ』違う話題

この前、『ダ・ヴィンチ・コード』に出てきた「クリプテックス」なるもの。

f:id:aoikawano:20161106170831j:plain

これ、ダヴィンチコードのDVDを買うとレプリカがついてきたのですね?
今更ですが、ほしかったかも~( ;∀;)

ついでに色々調べていたら、「中古」でこのDVDを買った方がいたようで、なんと、映画?本かな?の通りにやっても開かない!と、2011年にQ&Aされてました。
ベストアンサーが「中古・・・ということでしたら、元々の持ち主さんに聞かないと暗号がわからないのでは?」とのことでした(´Д`lll)
このQされた方は、その後どうなったのでしょうか・・・
こういうの気になりますね?(実際はそもそもの元の持ち主も、暗号がわからなくなってしまい、開けられないクリプテックスなんていらないーヽ(`Д´)ノプンプンとDVDごと売ってしまったという次第でしょう?)

もう一つ、パピルス紙はビネガー(酢)に溶けるのか?
これは書いてある文字の方が消えるのではないか?とどなたか知りませんが、おっしゃってました。古代のパピルス紙とかだとちょっとした振動でもバラバラになりやすいけれど、トイレットペーパーのように跡形もなく消えることはないだろうと。

な~んだ。とはいえ、思うことが伝えるのが苦手、とかいう方はクリプテックスを使って思いを伝えるとかいう方法があるかもしれませんよ?
どんな効果が現れるかは、全然わかりませんが、私の知るかぎり1人確実に喜ぶ人間を知ってます。青い川です(*´・∀・)

                       おしまいです。

忘れたくない想い

「読んでくださってる方みなさんに『感謝』の気持ちを持つこと」
『感謝』の気持ちを持って文章を書きたい!
でも背伸びをしないで、自分の「出来るところまで」