読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青い川

「出来るところまで」

そのまんま言及返し

こんばんは、怖がり研究者もどきの青い川です。

研究者(。◕ ∀ ◕。)?いえいえもったいないです。

それと、怖がり!これも合ってます。も?何「も」って?

さっきもいつもいろんな音が聞こえてくる、我が家の押し入れの角辺りから

なんか「チリーン・・・チリーン・・・」ってね(゚A゚;)?

牡丹燈籠でしたっけ?今、冬なのに?この音は初めて聞きますよ?

他の場所もいろんな音が・・・家鳴りです。きっと!!

あ、何を言いたいかと言いますと。こちら「怖がり研究者」と紹介されました。

www.kana-ri.com

嘘?あああ聞こえません。ありがとうございました。他のみなさんも見てみようと思います。しかし、坂津さん字を読むの早いのかな?

想像と創造の速読・坂津師匠と呼びたいと思います。

私はすごく活字を読むのが遅いので、一人読むのも結構時間かかってしまって、なかなか読者さまを増やせずにいます。

せっかく、科学と戦う悪魔の力を身に着けた的に紹介をしてもらったのですが(これはマジで嘘です)、今日は、ちょっち実家に帰った時の話をします。

父がボケはじめたかもしれないという情報は電話で前々から聞いていました。

でも毎日1時間は散歩する元気さです。1日中どこかを片付けています。

潔癖症に近い父は、断捨離は少ししかしませんが、どこもかしこもピシーっとしていて、父のために第2物置まであります。第1はそのまま部屋から入れるので、本棚とかあって日当たりもいいし、居心地がいい場所になっています。

しかし、埃がないなあ・・・と?ある意味不思議です。あっ(゚A゚;)!

それで遊びに行った次の日あたりに、父と近所を散歩しがてら、妹の新居を見せてもらおうということになりました。

あぜ道を行くと実家とすぐの距離なのですが、グルっと回って、通学路を通りました。

小学生たちの下校時間で、みんな「こんにちわ!」と元気に挨拶してくれました。

さすが!田舎と驚きです。

妹の家に着きました。新居です。似たようなつくりの家が数件ありました。「キレイだね~」と家の中を一通り案内してもらった後、お茶を飲みながら

妹「この服さ~。春の終わりに半額で買ったんだけど、腕のところがほつれてたの。

f:id:aoikawano:20161227165703p:plain (有名なキャラクターが編み込んでる薄手のセーターでした)おかんに直してって言っておいてくれる?」と袋に入れて父に持たせました。その後、甥っ子の一人が泣きながら帰ってきました。

友達とケンカしたみたいでした。色々あるのね~。でもしばらくするとケロッと元気になり、私達と笑顔でバイバイ

私と父も散歩の続きをしました。30分くらいかな?そして実家に帰りました。

私が居間の方でガサゴソしていると、台所から母の素っ頓狂な声が聞こえます。

母「なにすや、これあだしに~?だ~れ、わがいっちゃや!(意味わかりますか?自分には若すぎると)」

父「んじゃ、誰がにあげろや!」

母「え~◯◯←妹、がらなのに?」

私 ( ゚д゚)ハッ! ダダと駆けつけると母が自分の上半身に例のセーターを当てています。

「ちがう!ちがう!」と腕のところのほつれの件を言いました。

父「あ、ほんだったな!(そうだったな)」

母「なんだ。そういうごとが」一件落着。後で妹に話すと「んでしょう?だがらおとんだげのどぎはわだせないんだがら。」

ということになっているようです。父は運転免許も返しましたが、特にそれ以上ひどくなることはなく、相変わらず1日中、家の片付けをしているみたいです。

あっ(゚A゚;)!ヤバす。私は、どこもかしこも父に似ていると言われているのに。なのに、なぜ私は掃除好きにならなかったのか?

この際、父のボケよりそっちの方が問題だと思うのでした。

                       おしまいです。

忘れたくない想い

「読んでくださってる方みなさんに『感謝』の気持ちを持つこと」
『感謝』の気持ちを持って文章を書きたい!
でも背伸びをしないで、自分の「出来るところまで」

最後まで、読んでくださり、ありがとうございます。