青い川

「出来るところまで」

惑星は何個?9個→8個!

こんばんは、青い川です(`・ω・´)ゞ 

水、金、地、火、小惑星、木、土、天、海、冥、ヘリオポーズ、オールトの雲

これらが太陽系です。

ヘリオポーズまでは太陽圏=太陽風が届くところ

オールトの雲(色んな説があってよくわかっていない)=太陽の重力が影響を与えるところまで。

--------ここまでが、2/8の下書きです。どんだけ、宇宙のこと考えてるんだ?私。

 

ところがこの時、私はまだ知らなかった。

本屋さんにて3日くらい前かな?

何ですとー?冥王星は惑星じゃなくなったー?

準惑星になっただと?2006年に?・・・し、知らなかった・・・ぞ( ゚д゚;)?

・・・(O_O;)」←心の声と顔。

帰ってきて調べたら、まず準惑星たちがこちらです。

国際天文学連合 (IAU) はこれまでに5個の天体(ケレス、冥王星、エリス、ハウメアマケマケ)を準惑星に分類しており、他に数十個が将来分類される可能性を持っている。

どうも、初めはケレス、エリスなどを「惑星の仲間」にしようとしたらしいのですが、誰?偉い人達の?ちょっと待ったの声が多く、「準惑星」という位置付けで、冥王星も降格??したそうです。

ま、まあ「とっくに知ってる!」って方が多いのでしょうけれど、普段から「宇宙」「宇宙」と騒いでいたくせに知らなかった私の感想としましては。

な、な~んか変じゃない?
「すいきんちかもく、どってんかい・・」マジ?どってんかいって(゚A゚;)ハハ

 

こんな激しく偽物に近い宇宙科学者(立派に偽者です)の面子はともかく!

なぜ冥王星が「準惑星」になったか?という問題、もう面倒なので、ざっくりいきますね?

『惑星の定義』みたいのがあって、その中の1つに星として1個体でないといけないよ~みたいのがあるそうです。

ところがこの冥王星にはそれはもうでっかい衛星があります。まるで、双子のようだね。ウフフ・アハハみたいな。そのため、惑星ダメ!となったそうです。

その図はこちらNASA様から。(もちろん、消せというならすぐ消します)

f:id:aoikawano:20170221205041p:plain

File:Pluto Charon Moon Earth Comparison.png - Wikimedia Commons NASAのリンクです。

1930年に冥王星と名付けられるまで、「惑星X」として研究者たちが探しまくった大きな軌道をもつ冥王星、さよにょろ( ゚д゚)ノシ

いえ、別にお別れではありませんけれど。第一、準惑星はどうも大量にこれから出てくる模様です。今赤ちゃんの君!勉強大変だぞー。

 

こういうのを蛇足というのかな・・・でも、せっかく見つけたので。

ISS(宇宙ステーション)のそばには、変なもの映りまくっている様子です。

NASAが途中、「これはマズイ」というところは、青く塗りつぶしたみたいなのでYouTubeだけでも見てみてくださいね。

www.youtube.com

                      おしまいです。

忘れたくない想い

「読んでくださってる方みなさんに『感謝』の気持ちを持つこと」
『感謝』の気持ちを持って文章を書きたい!
でも背伸びをしないで、自分の「出来るところまで」