青い川

「出来るところまで」

天の川銀河とアンドロメダ銀河の衝突について

こんにちは。

 

まずは、過去記事で私はアンドロメダ銀河がものすごい勢いで、私たちの天の川銀河に近づいていることを書きました。こちらです。

自分途中経過と銀河系の行く先 - 青い川

今年の1/4の記事ですね。

 

まずは銀河と銀河の距離は約250万光年離れています。

そして上記の過去記事では、アンドロメダ銀河は秒速122キロの速さで近づいてきていると書いています。

この速さですが、違うサイトでは時速約40万キロの速さで接近中とありました。

秒速と時速、どっちがわかりやすいですか?

 

過去の私の結論はこうだったようです。

光の速さは約30万km/秒

F1(車)は100m/秒

F1よりちょっと早いくらいじゃない? 

ものすごくアバウトです。100mよりちょっと早いと122kmになるのか?

適当にも程がある?O型のせいです、きっと!

近づいている速度の参考になりましたか(・∀・;)? 

「わかったよ~」と空耳が・・・

さすがです(拍手)!では、言うことはありませんね?

 

これは、1世紀前くらいから議論されていたことで、2012年に正式にNASAが発表したということでした。

wikiにもありますがもう一つ

www.gizmodo.jp

こちらのサイトに載っている衝突の瞬間が、動画化(30秒)されています。

YouTubeで探しました。こちら19秒です。いかがですか?お一つ(^^)

ちょっくらクリック!

www.youtube.com

すごいですね?

 

こんなことになって星の衝突はないの?

太陽のような恒星同士はぶつからないのか?ということが心配になりますよね?

ほぼぶつからないだろうと言われています。

なぜか?恒星同士の距離がとても離れているからなのだそうです。

こちらに例えを載せます。wikiより

例えば、太陽に最も近い恒星であるプロキシマ・ケンタウリは、4.25光年先。太陽を東京タワーに置かれた卓球のボールだとすると、プロキシマ・ケンタウリは釧路に置かれたエンドウ豆の大きさのボールに相当する。

だそうです。卓球ボールとエンドウ豆・・・?

太陽は元々銀河の端っこです。じゃあ銀河の中心部は?(天の川銀河の中心部はブラックホールですが、アンドロメダ銀河は恒星が密集していて、その核が2つあるとか)もっと恒星がくっついているが?それでもぶつからない?

と思ったら、これでもまだ3.2kmごとに卓球のボールを置いている状態

ということです。ぶつかりそうにはないですね?

 

それと、太陽系は(ハーバード大の偉い人の考えによると)12%の確率で銀河から弾き飛ばされるそうです。

 

いろんな出来事が起きるようなので、表にしてみました。

f:id:aoikawano:20170526175647p:plain

今日の目玉は(今、こんないい方するかな?他に思いつかないです(; ゚д゚))

19秒間の銀河の合体映像なのでした。

                   おしまいです。

忘れたくない想い

「読んでくださってる方みなさんに『感謝』の気持ちを持つこと」
『感謝』の気持ちを持って文章を書きたい!
でも背伸びをしないで、自分の「出来るところまで」