青い川

「出来るところまで」

私はブドウ球菌?(説明を追記)

-------はじめに--------

このお話は、看護学校の時の昔の話ですが、一見、一番消毒をしたように思えた?私の指には、菌が付いていたことがわかりました。

その理由を書きたいと思います。

消毒液を希釈した水が入った、洗面器というのは、実は要注意なのでした。

しかも不特定多数で使う場合など、気をつけて水の交換をまめにしないといけないと思います。

それと、一番は流水できちんと洗うことの方が、大切だと気がつく良い経験をしたと思っています。

--------ということで本文です---------

 

宇宙に放たれた、かわいいかわいい探査機たちが、その探査機に地球の微生物が付いているかもしれないという理由から、役目を終えると各惑星の大気圏に突入してお亡くなりになる。という事実に・・・

微生物って何?

と思い、調べることにしました。が・・・考えてみたら、看護学校で『微生物学』って教科書があったなあ、と。それなのに何も覚えていません。

 

もちろん、本はとっくに捨てました。看護婦の友人に20代後半の頃

友「何?教科書まだ持ってるの?古い古い!全部情報古いから!」

私「そうなの?使ってた!」

影響を受けやすい私は、速攻捨てました。
が、新しいものを買うことなく今に至っています。

 

「微生物~」と調べていて、夕べ思い出したことがありました。

某国立病院附属の看護学校は3年のうち1年半は月~金で実習という名の仕事でした。(8時半~17時、びっちりです。あたり前ですが無給です。私は奨学金を2種類受けて卒業することが出来ました)

とにかく人手が足りないのです。検査科の実習はすごく短時間でした。

4人づつグループ単位で動くのですが、その4人もバラバラに、とかよくありました。

 

その日は午前中、私は赤ちゃんの何?ヶ月検診の日でした。先生の介助をします。

近くにピンク色の消毒液を入れた水が入った、洗面器があり、一人一人、手を洗っていました。先生も洗っていました。

と、その状態で、12時10分前に検査科集合です。

 

f:id:aoikawano:20170602152932p:plain

4人で色々、検査科の人に猛スピードで説明を受け、上の図のように、各々人差し指を付けて、それを培養するということになりました。

 

~1週間後~

 

なんということでしょう!?

他の3人は雑菌だったか?だけなのに、私の人差し指だけ『ブドウ球菌』が繁殖していたのです。

私「ブドウ球菌ー?」

 

ブドウ球菌は食中毒などの原因になります。詳しくはいつか・・・

みんなで状況を考えました。

私は、洗面器にピンク色の消毒液の入った水で洗っただけでした。

水だけで洗った人が1人。他の2人は洗っていないということに。

あの洗面器がいけないのか?私がブドウ球菌発生マシンなのか?

この話題は「あれ?」と私がまだ考えているうちに、フェイド・アウトしました。

この後、というか毎日毎日、レポートの山です。他の3人のレポートには何と書かれていたのでしょうか?σ(ーー*) ン-

 

まあ、微生物を調べる前に、とんだ黒歴史を思い出したというお話でした。

読んでくださりありがとうございました。

                      おしまいです。

忘れたくない想い

「読んでくださってる方みなさんに『感謝』の気持ちを持つこと」
『感謝』の気持ちを持って文章を書きたい!
でも背伸びをしないで、自分の「出来るところまで」