青い川

「出来るところまで」

天の川銀河~回る編

とある日の青い川家の会話

青川「んー(゚ε゚)次のブログはやっぱ天の川銀河かなあ?」←宇宙スイッチON

旦那「天の川・・あ、もうすぐ七夕だな?」

青川「うん?」

旦那「織姫と彦星は1年に1回会えるんだよな(゚∀゚)」

青川「え( ゚д゚)?無理だよ?両方とも恒星だししかも一等星!動くわけないじゃん」

青川「そもそも、うちらの住んでる地球は何銀河か知ってる?」

旦那「知らな~い」青川「あのね、うんちくうんちく・・・」
          ・
          ・
          ・

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

まず、この会話をやり直したいかもしれません。

ん?えーっと、あれ?これって魔法いるかな?

そもそも私は3歩歩くとすぐ忘れるけれど、旦那は3秒で忘れます。私の方から

「もうすぐ七夕だね(゚∀゚)」と話しかければ済む話かも?→解決!

 

もしも魔法が使えたら・・・スローガンは『お題を宇宙仕様にします!

みなさん、清き1票をお願いしますね!

ということで、今回のお題は『天の川銀河』ですよ~

f:id:aoikawano:20170626230437j:plain

みなさん、いつも良く見えていることと思います。

心の目で見るんです。裸眼で見るとお月さまも何個も重なって見えますからね?

 

私はびっくりしました。

天の川銀河は、直径約10万光年の円盤みたいなものですが、太陽系は端の方にあるとだけは知っていました。

この太陽が銀河をぐるーっと回っているのだそうです。マジー?

太陽はてっきり「動かざること山の如し」かと思っていました。

情報はこちらのサイトに詳しく載っています。

天の川銀河の星の数や中心に存在するブラックホールと太陽系との位置 | 宇宙の謎まとめ情報図書館CosmoLibrary

私が今回特にとりあげたいことは、太陽が銀河をぐるーっと回っていることです。
(*さっき書いてますね、2度目です)

その速さ秒速217キロ(; ゚д゚)・・・

太陽系は銀河の中心から約2万6000光年ほど、離れているそうですので、銀河を1周するのに約2億年かかっちゃいます。テヘペロ

こんな位置に太陽系があるそうです。ピンクの★のあたりです。

f:id:aoikawano:20170627123440p:plain (渦の辺りは星が集中しています)

一番手ブレがおきてしまいました(^^;)

それで今回何が言いたいか?といいますと(*これで3度目ですね)、ただぼーっとしていても・・・

「それでも地球は回る」と、かの人が言いました。

それってどれくらいの速さかというと?

赤道で秒速463メートル
東京くらいの緯度だと秒速380メートルくらいで、くるくる自転しています。

その上、太陽の周りを1年かけて周ります。その速度秒速30キロくらい。

そして、それらごと秒速217キロで銀河を回る・・・

回る回る・・・

めまいがしてきましたので、今日はこの辺でおしまいにしたいと思います。

脳が疲れますね?深く考えずに七夕の飾りとか作って楽しんでくださいね。

                  おしまいです(@_@;)

これからみなさんのブログを周ります。ちょっと目が・・・

忘れたくない想い

「読んでくださってる方みなさんに『感謝』の気持ちを持つこと」
『感謝』の気持ちを持って文章を書きたい!
でも背伸びをしないで、自分の「出来るところまで」