青い川

「出来るところまで」

この世の反対の世界はある?

夏本番ですね!

私は夏の花、百日紅サルスベリ)が好きです。

f:id:aoikawano:20170719185049j:plain

(無料写真ACより)

「女優は顔に汗はかかなくてよ!」

かくんです。残念ながら女優ではないので・・・。セルフショートカットヘアの私はおデコには髪を垂らしています。

ので、額には日焼け止めだけでファンデーションを付けていません。汗を拭き拭き見上げると、この花が(*´・∀・)!癒される~。

なぜ百日、紅と書いてサルがスベるのでしょう?ま、謎は謎のままに(^^)

見てキレイと思えばそれでいいじゃないの!

 

 

さあ通常運転、起動します!

謎は解くことに意義がありますね(`・ω・´)ゞ?・・・( ゚д゚)はあ?

まずはリンクを貼ります。Yahooの質問コーナーでこんなのがありました。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

こちらの(ID非公開さん)の質問は簡単に説明するとこうです。

絶対零度の-273.15℃(これはいわゆるセシウム度=セ氏温度)よりも低い温度、例えば-500℃とかないのか?

また、高い温度に上限はないの? 

こんな感じです。ベストアンサーを読めば、なるほど~とわかる話なのですが

 

せっかくなので、ちょっと書きます。(あ、斜め読みしましょう!)

地球でも宇宙でもこの絶対零度・・・あ、なんで零度?と思いますよね?

よく温度を示すのに、Kという単位が使われます。
このKとはケルビンとかランキン度(なんのこと?)のことらしいですが
これがこの絶対零度では0Kなんですよね?ゼロ度ですよ( ゚д゚)!(=-273.15℃)

絶対零度とは、原子の振動が完全に止まった状態をいうようです。あ、だから0度(K)なのですか?

ところが実は、少しだけ原子が安定しない物質ヘリウムの液体があります。絶対零度付近でも動いているそうです。ちょっとでも動いているんなら、もっと気温が下がる?と思ってしまいます。
でも残念。絶対零度に果てしなく近づくだけで、それ以下にはなりません。
これを零点振動というそうです。

 

(私がこれを見て思い出したのは、ヘリウムガスを吸うと、変な声が出るんだよなあってそれくらいでした。)

 

はい!ここからは注目ですよ~!見て!こっからは見て!

高温の方は簡単にいうとものすご~く、高い温度にまでなります。太陽なんかもアッチッチですしね?もっともっと高くなります。ということは?
もちろん500℃なんてのもあるわけです。

ここで突然ですが「あべこべの世界」というのがあるんだそうです。説明しだすと難しい言葉になってしまいます。熱い冷たいも逆、もしかしたら時間も逆、宇宙のはじまりは宇宙の終わり?みたいな世界です。引用しますね。

統計力学では、負の温度があります。
反転分布と呼ばれる世界で、ここでは位置エネルギーの大小関係が逆さまになります。
熱い、冷たいの概念も逆さまになります。
ただし、これは、反物質の世界であり、我々が目にできるものではありません。

目にできるものではない・・・でも?ということは、見えなくても-500℃の世界もあるよ~ってことですよね? 

実はここ半月ほど、いろいろなキーワードで調べてみましたが・・・
ヽ( ̄ー ̄ )ノさっぱりわかりませんでした。

ただ(ID非公開さん)の質問に対しては-500℃は無い。けれども見えない世界では有る。ってことになるのかなあ(^_^;)?

 

世の中飽くなき探究は続いているようです。

science.srad.jp

今年の4月の記事です。とても短い記事ですが、一生懸命『見えない世界』を見ようとしているようだなあ。ということはわかりました。

まとめ、見えてる世界は実はほんの少しかもしれませんね~

最後まで読んでくださってありがとうございますm(_ _)m

                      おしまいです

忘れたくない想い

「読んでくださってる方みなさんに『感謝』の気持ちを持つこと」
『感謝』の気持ちを持って文章を書きたい!
でも背伸びをしないで、自分の「出来るところまで」