青い川

「出来るところまで」

地球の軌道を調べていたら、大気圏で燃え尽きた

気になりだすと、やめられない止まらない青い川です。

最近、気になっていたのが『人工衛星』ってどこにあるの?
というか地球の軌道ってどのくらい地球から離れているの?でした。

 

頭を整理するのに時間がかかりましたが、薄らぼんやりとわかりました。

まずは、こちら・・ISSこと『国際宇宙ステーション』です。

f:id:aoikawano:20170818184509j:plain

Googleの画像、無料の写真をダウンロードしました。

これって、軌道高度408kmなんですって。それって遠いの?近いの?

 

地球の大気圏

そもそも地球(水星以外、全太陽系惑星にある)の大気圏に飛行物体などが、突入すると燃えてしまうのはどの辺りなのでしょう?今回は地球のみを考えてみます。

Wikipediaには)

大気圏と宇宙空間との境界は、何を基準に考えるかによって幅があるが、便宜的に地表から概ね500km以下が地球大気圏であるとされる。 

とあります。

NASAでは、活動を円滑に進めるための便宜的な定義として、大気圏を100kmにしているそうです

でもNASAの職員以外の方は、大気圏は500kmでいいと思いました。

 

わかりやすい図が載っていましたが、縦に長いので半分にわけました。
左下のエベレストから上昇していってください。

どうも熱圏と外気圏の境目ってあいまいだとかなんとか・・・

f:id:aoikawano:20170818212857p:plain スペースシャトル?ちょっと古いですね。

この熱圏あたりにISSがあるんですよね( ゚д゚)?408kmですから・・

燃えないように気をつけてくださいね?とちょっと心配になりました。90分で地球を1周するそうです。

それとオゾン層は緑色のところの成層圏にあるとのことです。紫外線カットです。

この絵に載ってる気象観測気球って・・えーとたぶん、こちらです。

気象庁 | ラジオゾンデによる高層気象観測

 

(YahooのQ&A)によると、ゆっくりと大気圏に突入すれば燃えないのだそうです。ところが地球には重力があります。

Q:飛行物体とかが帰還する時に燃えるのは、なぜ?

A:地球の重力による落下速度に逆らい、燃えないようにスピードを落とすことの方がコストがかかるから、燃やしてしまうんだよ!

だそうです。こちらに載っていました。

 

追記です)(id:ni-runi-runi-ru)たまうきさん、大気圏突入の時に、物体が燃えるのは摩擦によるものではなく、急激な大気の圧縮?だったと(すみません、どこを調べたかわからなくなりました)思います。その圧力で熱が何十倍にもなり、燃えるんです。

なので、摩擦の場合は物体の側面が燃えるのに対して、圧力の場合は先端部分が燃えるそうです。

(id:rasinnbann)月詠みさん、全然見当違いかも(; ゚д゚)?ですが、もしも参考になれば?こちらは魔女の宅急便のキキを人工衛星で見つけられるか?みたいな。

人工衛星(気象衛星)および偵察衛星の精度に詳しい方に質問... - Yahoo!知恵袋

 

た、大変です。私の脳が・・(; ゚д゚)!

大気圏の各層の温度とか特徴などを調べていたら、わけがわからなくなりました。大気圏については今回はここまでで終了しま~す。プシュ~@_@;=3

 

なので、人工衛星については簡単に終わらせます。私の知りたかった地球の軌道はこの静止軌道3万5786kmのようです。

  • 静止軌道の距離は高度約35786km(赤道上空で)地球の自転と同期しています。つまり一緒にグルグルまわってくれるので、地上からは同じ場所にあるように見えます。放送衛星通信衛星気象衛星などに用いられています。
    日本では、気象衛星ひまわりなどが1つの例です。
  • 軍事偵察衛星は高度200kmです。←これは調べるのはやめておきます。

あ、雷が鳴ってる? これは対流圏で起きてます。
みなさん、良い週末をお過ごしください。

                      おしまいです。

忘れたくない想い

「読んでくださってる方みなさんに『感謝』の気持ちを持つこと」
『感謝』の気持ちを持って文章を書きたい!
でも背伸びをしないで、自分の「出来るところまで」